MENU

多くの方が悩んでいるうつ病克服方法とは何があるのか?!

うつ病克服,うつ病改善

うつ病に悩まされている現代人はとても多いです。

 

その背景には、どうしてもストレスをためやすい環境であるということも関係しています。
また不規則な生活を送っている方が多いということも理由として挙げられるでしょう。

 

うつ病克服方法には睡眠が大事

うつ病克服方法としては、さまざまなことがあげられますが、1番に睡眠をきちんととることです。
うつ状態になっている方の多くは、睡眠がきちんととれていないことがとても多いのです。

 

うつ病克服したいということでしたら、まずはこの睡眠をきちんととれる状態にしてあげるということが大事です。
睡眠がきちんととれていないことで、自律神経の働きも鈍ってしまったり、内臓の状態も悪くなってしまいますので、さまざまなところで問題が起きてしまうのです。

 

ですから、うつ病克服のためでもありますが、身体のためにも睡眠はきちんととれるようにしましょう

 

心療内科で薬をもらうことも視野に

それが自分でどうにもできないという時には、心療内科で相談をしてみてください。

 

睡眠にかかわるお薬を処方してもらうことができますが、あまりよくない先入観がある方もいるかと思います。
しかし、心療内科ではとてもよく使われるものですし、これで多くの方が実際に解決されていますので、心配することはありません


現代人の症状と新しい概念の非定型うつ病とその診断基準

うつ病克服,うつ病改善

現代人といえばストレス。ストレスと言えばうつ病の元。

 

そもそも、うつ病にならないためには、ストレスの発散が上手に出来るかどうかが重要です。
ストレスと上手く付き合うには趣味を持つ事も大切で、休日に思う存分気分転換出来るのが理想的です。

 

毎日仕事に時間を使い休む事も難しい状況では、ストレスは心を押し潰して行く一方です。
人間は思うよりも頑丈に出来ていますが、ロボットでは無いのである日突然問題が発生します

 

非定型うつ病の傾向

うつ病は芸能人がカミングアウトする等珍しく無い病気となりましたが、理解が行き届かず怠けていると見られる事も有ります。

 

中でも非定型うつ病は新しい概念のうつ病で、気分の変化に大きな影響を与えます。
従来のうつ病は気分の落ち込みの激しさが有りましたが、非定型うつ病は楽しい事には気分が改善します

 

非定型うつ病の診断基準

診断基準は他にも幾つか有り、食欲が増して体重の増加が見られます。
周りの人に影響されやすいのも非定型うつ病の特徴で、他人の顔色をうかがう傾向が有ります。

 

非定型うつ病を発症し易い共通の性格の特徴に、よい子として見られたり甘えや自己主張が苦手と言うのも有ります。
辛い時には相談できる相手が必要で、話を聞いてもらうだけでも気分が楽になる事は有るのです。

 

全てを抱え込まず他人に相談したり、医師にストレスとの付き合い方を学んでみてはいかがでしょか


新型うつ病は医者からの診断書がもらえるほどの病気です

うつ病克服,うつ病改善

うつ病を抱えている人が増えていいます。

 

実は潜在的にも多くいて、「自分ではうつ病ではない」と思っている方でも極端に落ち込むことが続く場合はうつ病の可能性があります。

 

ストレスを溜め込めば人の心は擦りきれていきます。そこからうつ病を発症してしまうのです。
しかも、一回うつ病になるとその状態を回復させることは難しく、周りの理解が必要です。

 

理解されづらい新型うつ病

最近では新型うつ病という言葉が出てきたのですが、仕事をする時には調子が悪く遊んでいる時には調子がいいというものです。
新型うつ病では若い人が多く、今までのうつとは違った症状が出てくるのが特徴です。

 

新型うつ病は甘えが原因と言われることもありますが、医者の中では病気と認識しているもので、本人は苦しいものでそれも周りの理解が必要なことです
そんな新型うつ病ですが、医者の中でもそれほど認知してない症状であり、すぐに分かるものではありません。

 

新型うつ病も病気です

なかなか新型うつ病の診断を受けることは難しいですが、診断書を出してくれることもあります。
診断書を出してくれた場合には、会社に提出したり、学校に提出することで治療に専念することができます。

 

治療をすることで治すこともできる病気なので、まずは自分は病気ということを認識することも重要なことです


新型うつ病と双極性障害の関連性とはどういったものなのか。

うつ病克服,うつ病改善

最近の日本社会で知られるようになったのが「新型うつ病」と呼ばれる精神疾患です。

 

これはこれまでのうつ病とは異なる形で発露する新たなうつ病という意味合いで使われる病名です。

 

双極性障害の特徴

そしてこの新型うつ病と切り離して考えることができないのが「双極性障害」というものです。
双極性とは「プラスとマイナスの両極端な性質」を指すものですが、これはかつて「躁うつ状態」と呼ばれていたものです。

 

つまり、あるときにはとてつもない無力感に襲われている様子を見せ、あるときにはうつ病とは思えない意欲的な様子を見せるのが特徴です。
しかし、これは新型のうつ病でも見られる兆候なのです。

 

双極性障害と新型うつ病の見極めが大事

新型のうつ病は仕事のときはうつ病のような様子を見せており、余暇のときは意欲的に遊んだり、趣味に打ち込んでいるというような状態を見せます。

 

単なるやる気不足にも感じられ、プラスとマイナスへの振れ幅も人によって異なるため、診断が非常に困難であり、誤診も発生しやすいのです。
しかも双極性障害はうつ病とは異なる治療を要するため、誤診した場合、いつまでもうつ病の完治にいたれないということにもなってしまうのです。

 

このような新型うつ病ですが、現在患者数を爆発的に増やしており、潜在的患者数も膨大と考えられています。

 

今後のメンタルケアにおいては、どのようにしてこの双極性障害の存在を見抜くのか。
そして、どのようにして治療をしていくのかということが焦点の一つになってくるでしょう


新型うつ病患者への接し方、言ってはいけない禁句はあるのか?

うつ病克服,うつ病改善

従来のうつ病は、まじめで責任感が強く、自分を責める人が陥りやすいですが、新型うつ病は少し様子が違います

 

新型うつ病の特徴

新型うつ病の特徴は、周りの環境や他人のせいにする傾向が強いです。
特に仕事場で症状が顕著に表れ、失敗すると上司や会社が悪いと思い込みます。

 

つまり仕事中だけうつ状態になり、それ以外は元気になるという、単純ながら非常に厄介な病気です。
一見、甘えているようにみられますが、適した治療法できちんと改善させていかないと、仕事や日常生活にどんどん復帰しにくくなってしまいます。

 

新型うつ病との接し方

症状が重ければ薬物治療もありますが、軽度であれば周りのサポートを受けながら自分で改善させていく事も可能です。

 

周りの人も悩む、新型うつ病患者への接し方ですが、気を使って優しくしすぎると、余計に回復が遅れることがあります。
少しずつでも日常生活の出来ることをこなしていけるように支援し、本人を「自分でやろう」という気持ちにさせてあげる事が大事です。

 

そして、うつ病と言えば、「頑張って」という言葉が禁句でしたが、新型うつ病の場合は多少頑張るように促すのも大事です。
辛くても頑張るという事を認識させる必要があり、優しい言葉をかけるだけではなく、時に厳しさを持って接しなければいけません


新型うつ病が原因で職場を休職した場合の対応について。

うつ病克服,うつ病改善

現在、増えてきているのが、新型うつ病です。

 

従来のうつ病と新型うつ病の違い

従来のうつ病になると、それまで好きだった事にも興味を示す事ができない位、気分が落ち込む事になります。

 

それに対して、新型うつ病は、仕事や学校など、嫌だと感じる事になるとうつ病のような症状が現れるのに、
好きな事、興味がある事に対しては、元気に問題なく取り組める事が特徴です。

 

新型うつ病の抱える問題

仕事などは辛く、新型うつ病を理由に休職を申し出る人が増えてきて、その対応の仕方が問題になっています。
実際に治療や療養の為に仕事を休むのであれば、周りの人の理解を得ることも出来ます。

 

しかし新型の場合、休んでいる間に旅行に行ったり、趣味の為に時間を使っている人が多く、その行動が問題視されてきているわけです。

 

新型うつ病に対する理想の取り組み

従来のうつ病であれば、しっかりと休んで治療をしていく事が大切です。
しかし新型うつ病の場合、休み続けるよりも、徐々に環境に慣らしていく事も大切になってきます。

 

そのため、休職を申し出てきた場合、それを了承しても、その先、職場復帰についても考えておく事が大切です。
復帰の際は、一気に仕事の環境に引き戻さず、少しずつ出来る事を増やし、自信をつけていくようにすると良いでしょう

 

少し時間がかかる事になりますが、それにより休職を繰り返すリスクを減らす事ができます。

 ・「いろんな形のうつ状態」編
 ・「うつ状態をどう理解すれば回復に近付くか?」編
 ・「うつ状態から回復するための訓練」編

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方を知りたい方はコチラから!


『うつ病克服したい!だったらうつ病の本当の原因から改善を考える』の関連情報